Carpe diem ~自転車と共に~

理系大学院生のブログ。ときどきサイクリング。

【シンイチ】シンガポールライド第八弾 上

気が付けば留学期間がのこり一ヶ月を切りました。研究や作業は地道に続いています。帰国までに劇的な成果をあげるのは研究の性質上難しいかもしれませんが、参加しているプロジェクトが少しでも前進するように身を粉にして働いています。日本でやらなかった作業をしたり、触ったことのない装置などを操作したり、新しい経験をするチャンスに恵まれています。知らないことを丁寧に教えてくれるジャスティンや、SIMtechのインターン生には本当に感謝しています。彼らは、帰国しても連絡を取り続けていきたいと思える友人でもあります。良い人に出会うという意味で、僕は本当に幸運な男だと思っています。そう思っていると、本当に良い人に囲まれて生活ができる気がするのです。

 

精神論が展開されそうなので前置きはこの辺で。

今回は、ついに達成したシンガポール一周あらためシンイチのレポートです。

 

 

 春節を迎えた1/28の夕方、ふと思いつきました。

春節でみんな家にいて、お祝いしてるってことは、シンイチのチャンスじゃね?」

ルートの確認を終え、あとは走るだけになっていたところ、春節の祝日休みにタイミングよく突入した、ということです。ジャスティンやSIMtechの仲間たち曰く、春節休みの間は帰省する人や家で過ごす人が多いとのことで、交通量が減るという意味でここぞというチャンスがやってきた(と、勝手に推測した)訳です。一度その気になると、もう止められないのが僕の性なので、着々と準備を進めます。

 

ルートの再確認:とくにまだ一度も通っていない北部の道を入念に

作成したルートはこちら。70km後半から110km地点の前辺りまでが未走行の区間)反時計回りに回ります。南西部の工業地帯は早いうちに抜けておきたいことと、左側通行で海側を走れることなどを考慮しての判断です。想定距離は172kmで、実走ではさらに伸びることが考えられます。僕がこれまで一日に走った最長距離が150kmほど(岐阜から京都)なので、未知の距離を走ります。といっても、ほぼ平坦基調のコースなので、よほどのことがない限りリタイアは無いと考えていました。

f:id:carpediem_onk:20170205011310j:plain

 

補給食、自転車・装備のチェック:店に寄らなくても大丈夫な量の補給食確保と、自転車の整備、パンクなどの緊急時に対応する装備の確認

用意したのがこちらの補給食です。ダイソーの羊羹4種セットとバナナです。ちょっと多すぎたので出発前に一袋減らしました。これだけで170km乗り切ります。時間節約のため、コンビニやホーカーズにはできるだけよらないようにします。平均時速20kmで8時間半を目安に走り、それに休憩時間をプラスすると、早朝出発しても帰ってくる頃に日が暮れる可能性すらあります。腹ごしらえでリフレッシュしたいところですが、補給は各チェックポイント(後述)と自転車の上で済ませることに決めました。それから自転車の整備はチェーンのオイル注し、タイヤ空気圧チェックとブレーキ動作確認程度の軽微なものを実施。あとはパンクに備え、チューブと交換用工具、携帯ポンプなどの確認をしました。

f:id:carpediem_onk:20170204171149j:plain

準備を済ませ、はやめに床に就くも、気分は遠足前日の幼稚園児状態です。まったく寝付けません。目を閉じればルート走行のイメージをしてしまい、もうどうしようもありません。とっておきの就寝用プレイリストを流して無理やり眠りました。

 

午前5時、なんとか予定通り起床し朝食を作ります。メニューはお決まりのトースト、バナナとコーヒーです。少し焦がしたトーストに、いつもの1.5倍のココナッツジャムとヌテラを塗り、その上これでもかとバナナを敷き詰め、さらにオーブンで焦がします。きれいにバナナを敷き詰めることに時間を取られ、予定時刻を軽くオーバーしたのは内緒です。外はまだ真っ暗ですが、EDMでテンションアゲアゲです。血沸き肉躍る瞬間はもうすぐです。

f:id:carpediem_onk:20170204171150j:plain

 

装備の最終確認をし、寮を出発します。この写真を撮る直前、朝まで飲み明かした韓国人留学生グループに「アニョハセヨ~」と元気に送り出してもらえました。たぶん酔っ払ってただけだと思いますが。午前6時30分、出発です。

https://www.instagram.com/p/BP0xxbtDb_t/

just before the start... #roadbike #cycling #Singapore #シンイチ #シンガポール一周

 

先ほど「チェックポイント」という表現を使いましたが、自分で勝手に決めたポイントでInstagramの投稿をしようと考えていました。No1から始めて、シンイチの進捗を記録に残そうというものです。フェイスブックなどで目にした方もいるかもしれません。記念すべきNo.1チェックポイントは、もちろんNUSの看板と共に。シンイチ始まります。

https://www.instagram.com/p/BP0zhFJDqL5/

#1 Let's start the biggest trip in Singapore #roadbike #cycling #Singapore #NUS #シンイチ #シンガポール一周

 

この時期のシンガポールの日の出は午前7時過ぎなので、始めの数十分は夜のような雰囲気でした。車はバスとタクシー以外ほとんど走っていないので、あっという間に南西部ジュロン工業地域の入り口に到達です。

f:id:carpediem_onk:20170204171151j:plain

 

 空が白みがかってきたころ、化学プラントがちらっと見えました。独特の雰囲気は結構好きです。工場萌えなんて言葉もありますが、その気持ちは僕も理解できます。驚いたことに、こんな早朝に集団走行するローディーたちとすれ違いました。かなりガチな感じだったので、そういうコミュニティの人たちと思われます。いいですねぇ。

f:id:carpediem_onk:20170204171152j:plain

 

残念ながら曇りで日の出は拝めませんでしたが、湾が見えたので気分は晴れやかです。20km地点を越え、南西部の出っ張った部分にやってきました。

f:id:carpediem_onk:20170204171153j:plain

 

シンイチ一番のピンチは唐突に訪れました。

快調に工業地帯の道路を飛ばし、信号でとまると左手に野犬がたくさん。しかも全てこっち見てる。犬は猫の次に好きな動物ですが、野犬となると話は違います。信号が青になり、どうかこっち来ないでくれよと願いながらペダルを踏みこみ、

f:id:carpediem_onk:20170204171154j:plain

 

"Bow Wow!!"

ぼく「!!!???」

 

案の定、野犬の一匹がこちらに向かってくるではありませんか。ああもう勘弁してくれよ、なんて考える暇もなくこの日一番のスプリントで急加速、幸い野犬はすぐに追跡を諦めてくれました。じゃれている感じではありましたが、恐れていたものが現実になる瞬間ほどこわいものはありません。フロントギアがインナー(軽い方)ですぐに加速できて本当に良かった。しばらく後ろが気になりながら、シンイチはまだまだ続きます。

 

犬に追われて乱れた心を整えるように、淡々と走りつづけていきます。そして、工事関係者か、物好きの自転車乗りしか来ないであろうNo.2チェックポイント(32km地点)に到着。行き止まりなのでここでUターンします。

https://www.instagram.com/p/BP08NBwj7-V/

#2 No one can stop me👊 #roadbike #cycling #Singapore #シンイチ #シンガポール一周

 

走り出す前に一本目のバナナ補給。景色は良くないですがバナナは美味しかったです。

f:id:carpediem_onk:20170204171156j:plain

 

とても長い時間自転車に乗るので、「今走っている場所について、ブログにどうかこうかな」なんてよく考えているのですが、この辺りは何もなさ過ぎで何も特筆することがありません。しかし何もないこと自体が書くことになったのでよしとします。

前を見ても、

f:id:carpediem_onk:20170204171157j:plain

 

後ろを見ても、車すら見えません。

ちなみに自転車に乗りながら後ろを見るとこんな感じに傾きます。当然と言えば当然ですが、改めて写真で見ると結構傾いている気がしますね。

f:id:carpediem_onk:20170204171158j:plain

 

道路についてなら書けそうです。舗装したての道路は走っていて本当に気持ちがいいです。スムーズで、速く走れる気すらします。実際、路面の凹凸が少なく、タイヤがきちんと路面を捉える(トルクが伝わる)という点で、本当に速く走れると思います。今回は速く走ることが目的ではないので、そんなに重要ではありませんが。

f:id:carpediem_onk:20170204171159j:plain

 

しばらく北上するとMRTの駅らしき建物が見えました。あとから調べたところ、現在延長工事中のEast West Line(緑色)、東のPasir Risから32番目の駅"Tuas West Road"のようです。現在西側の終点は29番"Joo Koon"なのでもう少し先の方ですね。

f:id:carpediem_onk:20170204171200j:plain

 

シンガポールには、多くの日本企業も拠点を持っています。おなじみEPSONの大きな工場?がありました。さすがにこの日は閑散としていましたね。

f:id:carpediem_onk:20170204171201j:plain

 

EPSONを見やったあとは、ひたすら大通りのようなハイウェイのような道を爆走しました。40km~50km区間でしたが、平均時速30kmを越えるハイスピードで、No.3チェックポイント南洋理工大学のSIMtech(53km地点)までひとっとびです。羊羹を2つ食べ、トイレを拝借してすぐに出発です。

https://www.instagram.com/p/BP1DPTsj8gC/

#3 I'm not here for research today🚲 #roadbike #cycling #simtech #Singapore #シンイチ #シンガポール一周 #53km

 

北にまっすぐ伸びる道、爽やかな朝の風、バナナ、最高ですねぇ。ベイイーストでマリーナベイを臨みながら食べたバナナも美味しかったですが、こちらのバナナもまた格別でした。

f:id:carpediem_onk:20170204171202j:plain

素敵な瞬間ですが、ヘルメットに付けたGoProにバナナを掲げる姿は、自分でも滑稽に思います。高さの具合で、普通に食べると映らないんですよねぇ。

f:id:carpediem_onk:20170204171203j:plain

 

またしても何もない景色が広がります。もしかしたらシンイチは肉体的な能力よりも、修行僧のような精神力が試されるチャレンジなのかもしれない、と思えてきました。

f:id:carpediem_onk:20170204171204j:plain

 

もしここで倒れたら、だれか気付いてくれるのか心配になるほどです。しかし、走りやすさの観点からは、これ以上ない最高の状況です。

f:id:carpediem_onk:20170204171205j:plain

 

背景と被って見えづらいですが、またしてもローディー集団とすれ違いました。見た感じ欧米の方たちで、それなりのスピードでかっ飛ばしていました。さすがです。

f:id:carpediem_onk:20170204171206j:plain

 

 60km地点を過ぎたころ、右手に廃校らしき建物が。明るくても不気味な雰囲気が漂っていました。夜は絶対に来たくないですね。

f:id:carpediem_onk:20170204171208j:plain

 

こんな道でもサイクリスト優先の標識が。路面状況はそこまでよくないですが、ツンデレというやつでしょうか。標識は適当でいいので、路面の穴を埋めておいてほしいです。

f:id:carpediem_onk:20170204171207j:plain

 

ちょっと文句が出てしまいましたが、No.4チェックポイントの北西部の端(Lim Chu Kang Roadの端:66km地点)までやってきました。対岸はマレーシアです。この場所を訪れるのは二度目ですが、今回も雰囲気がものものしかったです。沿岸警備隊?や地元漁師のギラギラした目にビビって、羊羹をくわえたまま早々に再出発しました。

https://www.instagram.com/p/BP1HlyjjXkY/

#4 Southwest edge #roadbike #cycling #Singapore #シンイチ #シンガポール一周 #66km

 

まだ3分の1を消化したところですが、【シンイチ】シンガポールライド第八弾 中へ続きます。すぐ書くので少々お待ちください!

※2017/2/7更新しました!