読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carpe diem ~シンガポール留学記~

理系大学院生のシンガポール国立大学留学記。ときどきサイクリング。トビタテ!留学JAPAN第五期生

【シンイチ】シンガポールライド第八弾 おまけ

シンイチ 学び 生活 留学 自転車 シンガポール

三部作でお送りしたシンイチのレポートですが、達成後のおまけです。7時間以上を自転車の上で過ごし、3800kcalを消費した、これまでにないロングライドになったわけですが、そのあとの記録をもう少しだけ綴ります。

 

 

サイクリングでいつもするように、シンイチでも走行ルートをアプリで記録しました。それがこちら。我ながら見事に一周できたと思います。可能な限り海に近い道をたどっているのがわかると思います。西部は軍の施設のため立ち入り禁止、東部は工事中で走行不可能だったため、東西で若干内陸側を走っているように見えますが、これが限界だと思います。これ以上に海側を走るためには、もっと道に詳しくなる必要があるでしょうね。コースの詳細が知りたい方はご連絡していただければと思います。

https://www.instagram.com/p/BP2rJh6DLFZ/

This is what I've done. #roadbike #cycling #Singapore #result #シンイチ #シンガポール一周

 

これだけ長い距離、時間を走ったので夕食は豪勢にいきたいところですが、いかんせん春節二日目なので学食は完全に閉まっています。仕方がないので、備蓄しておいたカップ麺を二つ食べました。カップ麺であろうと、疲れた体にはしみるものです。おいしかったなあ。しかしながら、カロリー収支はいまだにマイナスなので何か食べなければと、思い出したのがこれ。

f:id:carpediem_onk:20170204171933j:plain

以前立ち寄ったモールの1ドルショップで見つけた、ドリアンチョコレートです。その店には他にも変わったお菓子がいろいろありましたが、一番存在感があったのはこれ。この時はまだ、「せっかくなのでなんでも試してみよう」という無垢な好奇心が悲劇を招くとは思いもしませんでした。

 

箱から取り出すと、見た目は普通のチョコレート。...においがちょっと怪しいですが、そこはドリアンだからそういうものなのだろうと思っていました、この時までは。とりあえずひとかけら口に運んでみたところ、

f:id:carpediem_onk:20170204171934j:plain

 

「くっせぇ!!! いや、まじでくっせぇ!!」

 

普段声を荒げることは滅多にないのですが、このときばかりは我慢ならずキッチンで悶えていました。それでも、せっかく買ってきたチョコです。何か手を加えれば美味しくいただけるはずだ、という謎の自信がさらなる悲劇を呼びました。

 

僕はおもむろに9つのドリアンチョコレートピースを食パンの上にのせ、オーブンに投入。待つこと数分「漢のBaked Durian-Chocolate Toast」の完成です。意気揚々と部屋に運び、大きな一口で角のひとかけらを口にふk

f:id:carpediem_onk:20170204171935j:plain

「くっせぇ!!! 焦がしたのに、くっせぇ!!」

なんでどうしてと、僕の頭は混乱していました。冷静に味を分析しようにも、強烈なドリアン臭が僕の脳に深刻なダメージを与えた後ではどうにも判断がつきませんでした。

味は確かにチョコレートなのです。しかし、臭いがもうどうしようもないレベルでドリアンでした。ドリアンチョコレートなんだからそんなの当たり前でしょ、と思うでしょうが大きな間違いです。味覚はチョコレートとして認識しているものが、嗅覚の方ではドリアンの刺激臭として認識される事がいかに人体に危険な状態かは、実際に試さないと理解できないと思います。もうすでにカロリー摂取、体力回復どころの話ではありません。むしろ体力は削られていました。

 

しかしながら、未だトーストの上には8つの悪魔がのっています。一瞬、"Throw it away!!" という声が聞こえましたが、両親から教わった「食べ物を粗末にしない精神」のもと、悪魔を我が胃袋に収めることを決意しました。こうなったら意地です。口に含んで涙を流しながら(泣いていないけど泣きたい気分だった)嚥下を繰り返します。「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ということわざがありますが、ドリアンの臭いは喉元を過ぎても忘れられません。仮に丸飲みしたとしても、ドリアンのsmellはstill thereなのです。いよいよ最後の悪魔の処理に取り掛かる様は、映画オデッセイ(原題:The Martian)のマット・デイモン演ずるマーク・ワトニーが、腹部に刺さったアンテナの一部を取り除くシーンのように、意を決しておこなったものでした。シンイチよりもこのトーストを平らげる方が疲れたといってもいいくらいです。

 

こうして10の悪魔を自らの胃におさめ、平穏な夜を迎えたかのように思えました。しかし、悲劇は続きます。もうドラマチックに書くこともありません。箇条書きにします。

  • 部屋の空気がドリアン
  • 息がドリアン
  • げっぷもドリアン
  • おならもドリアン
  • 冷蔵庫の中も若干ドリアン

ここまでくるとさすがに笑えてきます。ドリアンチョコレートなめてましたすみません。お土産に持って帰ろうと思います。この気持ちをみんなで分かち合いたいです。

こうして、シンイチ達成後の夜、僕はドリアンのかほりと共に床に就いたのでした...。あー臭かった。